モンハンワールドの新しい乗りバトルの仕組みと特徴、ジャンプ攻撃の方法あれこれ

MHWでアンジャナフと乗りバトルしている画像

MH4より導入されたモンスターとの乗りバトルですが、モンハンワールドでは乗りバトルのゲージが無くななり、モンスターの攻撃を回避しながら攻撃していく新しい駆け引き要素が導入されています。

乗りバトル中にスタミナが回復しなくなったり、自動的にスリンガーのワイヤーアクションが発動するなど、乗りバトルの仕組みには新要素満載なので、ここではモンハンワールド/MHWでのモンスターとの乗りバトルの仕組みと特徴、従来と異なる新要素などについてまとめていきます。

モンハンワールドの乗りの流れ

  • 大型モンスターにジャンプ攻撃をヒットさせる。
  • 対象モンスターの乗り蓄積値が一定値に達する。
  • 乗りバトル開始。
  • [△]で攻撃。
  • モンスターが暴れる時は[R2]で耐える。
  • [L 移動/回避]と表示された解きは、左スティックを操作して、モンスターの頭・背中・尻尾などを移動して、モンスターの体当たりを回避する。
  • 乗ったプレイヤーの攻撃と他プレイヤーの攻撃で、乗りバトル時に一定ダメージを与えると、大技を決めるチャンスがくる(各武器種によってコマンド操作は異なる)。
  • 大技を決めた後にモンスターは転倒し、乗りダウン状態となる。

MHWのモンスターとの乗りバトルでは、乗っている時にハンターのスタミナが回復しない点が大きな特徴。
なので、モンスターに乗った時のスタミナ残量が非常に重要になる。

空を飛ぶモンスターの場合は、乗りバトル中にそのままエリア移動してしまうこともあります。

ジャンプ攻撃と乗り値の蓄積

モンハンワールドでのジャンプ攻撃の方法

今作でも段差上からのジャンプ攻撃は当然使えますし、壁キックからのジャンプ攻撃やツタに登ってからのジャンプ攻撃なども狙えます。

太刀は新アクションの「気刃兜討」からジャンプ斬り or 気刃ジャンプ斬りへ派生できることが判明しているので、操虫棍や片手剣以外の武器にも、新たなジャンプ攻撃が追加されている可能性が高いと思われます。

モンスターの乗り蓄積値について

公開生放送の動画では、段差下にいるアンジャナフの頭に一発ジャンプ攻撃を当てるだけで、乗りバトルへ発展していました。

従来作品では、操虫棍であってもジャンプ攻撃1発で、乗りバトルへ発展することはなかったので、今作では弱点部位へのジャンプ攻撃は乗り蓄積値の上昇具合が大きいのかも知れません。

ただし2回目移行は、そんなに早く乗っている印象もないので、頭へのジャンプ攻撃が「乗り」を狙うのに有効かどうかは要確認。

MHWの乗りバトルの仕組み?

今作の乗りバトルは耐えるだけでなく移動も必要

従来作品の乗りバトルでは、モンスターの様子とゲージを見ながらRボタンで耐えて、[Xボタン](△)で攻撃していくというものでした。

途中でモンスターはハンターに乗られるのを嫌がって、木などにハンターをぶつけて落とそうとしてくるので、これを左スティックでモンスターの体の上を移動して回避する必要があります。

耐える⇒攻撃する⇒移動するという駆け引きを繰り返し、大技を決められるコマンド操作が表示されれば乗りバトル勝利確定となります。

振り落とされてしまった時

乗りバトル中にモンスターが暴れて、木などのオブジェクトにハンターを打ちつけて振り落とそうとします。

これは前述したように、頭や尻尾に移動すれば回避することができますが、木に打ち付けられてしまった時はどうなるでしょうか?

スタミナがなければこの時点で乗り失敗となりますが、スタミナ残量があれば、ハンターはスリンガーを自動的に使って、乗りバトルを続けることができます。

攻撃/耐えるタイミングはガイドが表示される

攻撃するタイミングを教えてくれる

乗りバトルが始まると、画面右上の攻撃の派生が表示される場所に、今は耐える時なのか、攻撃する時なのか教えてくれるガイドが表示されます。

地上での乗りバトルはモンスターの様子を見ていれば、なんとなく暴れだすタイミングは分かりますが、空中での乗りバトルでは見た目だけで攻撃/耐えるタイミングの判断が難しいので、画面右上に表示されるガイドを参考にすると、乗りの成功率が上がると思います。

乗りバトル中の仲間の攻撃について

MHXから乗りバトル中に仲間が攻撃して援護できるようになりましたが、MHWでも乗り中の仲間の援護は有効。

乗りバトル中の攻撃はおそらく通常時と同様にダメージを与えることができるので、マルチプレイ時は味方が乗っている時もガンガン攻撃していきましょう。

モンスターの気絶も継続する

モンスターが気絶している時に乗り値が溜まって乗りバトルがスタートした時、従来は気絶は意味のないものとなっていましたが、MHWではモンスターが気絶状態のまま乗りバトルが進行します。

この仕様変更により、「せっかく気絶させたのに、もったいないタイミングで乗ってしまった」なんてことがなくなりますね。

当然モンスターが気絶している間は、転倒して暴れることができないので、ガンガン攻撃していくことができます。

乗りダウン後は頭を攻撃

モンスターの背中などで大技を決めた後、ハンターはモンスターの頭側へ転がっていくので、頭を攻撃するチャンスがあります。

ちなみに乗りダウンの転倒時間は約12秒。
呻きながら頭を動かす動作を5回繰り返し、5回目の頭を動かす動作の直後に起き上がります。

スタミナ管理の重要性

MHWでの乗りバトル中にスタミナが回復しないということで、操虫棍など乗りを狙いやすい武器種の場合は、MHWではスタミナ管理系のスキルの重要性が高くなるかも知れません。

空中回避ガンガン使って乗ることができても、スタミナが減りまくってたら、乗り失敗の可能性が高くなってしまいます。

なのでマルチプレイでは、スタミナ減少無効の旋律を持つ狩猟笛があると、ガンガン攻められるので役立つかも!?。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メニューメニュートップへトップへ