モンハンワールド/新要素:スリンガー(小型ボウガン)の特徴と使い方【初心者向け】

燃え盛る炎に触れてスリンガーを使って大ジャンプする画像

モンハンワールド公式ムービーで、華麗なロープアクションを見せたり、石ころなどを飛ばして木の実を落としたりと活躍していた、左腕の小型ボウガンは「スリンガー」と呼ばれる新たに導入されたハンターの装具でした。

今作の新たなアクション要素の一つとして活躍するであろう「スリンガー」の特徴や使い方についてまとめていきます。

スリンガーのロープアクションについて

スリンガーを使ってモンスターの背中に跳び戻るハンターの画像

公式動画では、スリンガーを使った華麗なロープアクションを確認できますが、これはハンターがふっ飛ばされた時に、条件が合致していればオートで使ってくれるものです。

燃え盛る炎に触れて吹っ飛ぶかと思われたハンターが、巨木の木の枝にフックをかけて上層へ登ったり、モンスターとの乗りバトル中にふっ飛ばされたハンターが、スリンガーでモンスターの背中にフックをかけて跳び戻る姿を確認できます。

スリンガーを使ったワイヤーでの移動は、フックを引っ掛ける為の虫(クサビムシ)がいる場所でのみ可能で、どこでも利用できるわけではない。

アイテムを拾ってスリンガーで放つ

モンハンワールドの世界では、石ころなどの飛び道具系アイテムは、アイテムポーチとは別の枠に収納される仕様になっている。

アイテムポーチと別枠なので、セットする必要がなく、拾ったその場でスリンガーで放つことができます。

石ころ

特別な効果はないが、高い場所にある木の実を落としたり、従来のように設置した爆弾を起爆させたり、地面に向かって撃つことで音を立てて、モンスターをおびき寄せるなど、スリンガーの基本的な用途に使用できる。

尖鋭石

着弾場所を貫通してダメージを与えることができる。

種火石(スリンガー松明弾)

着弾場所で発火し、火を嫌うモンスターを遠ざけ、火を好むモンスターを近づける効果がある。

麻痺投げナイフ、眠り投げナイフ

従来はアイテムとして使用していましたが、モンハンワールドでは麻痺投げナイフや眠り投げナイフは、スリンガーに入れて使用できる。

ツブテの実

スリンガーに装填して発射できる実。離れた場所にある植物や爆弾などに当てて使える。
最大所持数=15

はじけクルミ

スリンガーに装填して発射できる実。着弾時に発生する音と衝撃で、モンスターひるませる効果がある。
最大所持数=3

ヒカリゴケ

スリンガーに装填して発射できる苔。着弾すると張り付いて発光し、周囲を明るく照らす。飛竜種の目をくらませる効果もある。
最大所持数=5

ミズタマリゴケゴケ


最大所持数=5

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 早くモンハンがしたい一般人 より:

    フィールドの殆どが暗所でヒカリゴケ必須のフィールドとかほしい。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メニューメニュートップへトップへ