MHW/モンハンワールド ヴォルガノスの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

モンハンワールド/MHWにも火山の溶岩地帯に棲息する、高い追尾性能と執拗にハンターを追いかける習性が特徴の魚竜種「ヴォルガノス」がPV5にて参戦確定。

MHWでは溶岩を身体に纏うようになっており、冷えた溶岩が硬化する分、手強さが増しています。

ここではモンハンワールドでのモンスター:ヴォルガノスの「特徴や習性」「狙うべき弱点部位の肉質」「入手できる素材」「攻撃や行動の特徴」「攻略のポイント」などについてまとめていきます。


MHW ヴォルガノスの特徴と習性

種族:魚竜種溶岩竜(ようがんりゅう)
溶岩竜:ヴォルガノスの画像

おもに火山の溶岩地帯に棲息する魚竜種のモンスター。
マグマの中を自在に泳いで移動し、身体に付着した溶岩は冷えて固まると堅固な溶岩の鎧となるのがMHWでの特徴。

咆哮風圧振動使用属性
--
落し穴シビレ罠閃光音爆罠肉
×××

移動エリア

マップ初期位置移動エリア休眠捕食/休息
火山地帯

※ 現在は公開された動画やインタビューなどの発売前情報をまとめていますので、参考程度にお考え下さい。

ヴォルガノスの肉質、狙うべき弱点部位

MHWでは身体に纏った溶岩が冷えると肉質が硬くなる特徴がある(要確認)。

属性が有効な弱点部位

種別 狙う部位
背中、尻尾(30)、それ以外(10)
背中、尻尾(20)、頭(10)
背中、尻尾(20)、頭(10)

カッコ内の数値は肉質で、数値が大きいほど攻撃によって与える効果が高いという意味。

物理攻撃が有効な弱点部位

種別 狙う部位
切断 頭(63)、ヒレ(55)、首(43)、背中・尻尾(35)
打撃 頭(63)、ヒレ(55)、首(43)、背中・尻尾(35)
頭(45)、ヒレ(40)、首(35)、尻尾(25)、背中(20)

切断:大剣、太刀、片手剣、双剣、スラッシュアックス、チャージアックス、ランス、ガンランス、操虫棍
打撃:ハンマー、狩猟笛
弾:ライトボウガン、ヘビィボウガン、弓

剥ぎ取り・落し物

部位 回数 下位 上位 G級
本体 4
落し物
非怒り時に、上半身を地上へ出している時に、音爆弾など爆音効果でダウンした時に落とす

部位破壊報酬

部位 下位 上位 G級
頭の耐久値を?回ゼロにすると、頭の横のエラが短くなる。
背ビレ
背ビレの耐久値を?回ゼロにすると、背ビレの鱗が剥がれ落ちる。

ヴォルガノスの攻撃方法

【潜行後】追尾からの飛び出し

ハンターが立っている場所まで地中を移動して、地上へ飛び出して噛みつく。
過去作品にはなかった攻撃で、ハンターを補足する能力と追尾性能が気になるところ。

MHWのヴォルガノス 攻略のポイント

纏った溶岩が冷えると肉質が硬化

MHWのヴォルガノスは溶岩地帯遊泳時に、身体に溶岩を纏う特徴があります。
まとった溶岩が冷えて固まると対象部位の肉質が硬化します。

ヴォルガノスに有効な属性は水(氷、雷)ですが、同様にまとった溶岩が冷えて硬化する特徴を持つアグナコトルは、火属性の攻撃によって溶岩を温めて肉質を軟化させることができました。なので、MHWのヴォルガノスにはガンランスの砲撃や火属性の武器を持ち込む作戦も有効な可能性があります。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メニューメニュートップへトップへ