モンハンワールド/ネルギガンテ(滅尽龍)の特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

モンハンワールド/MHWの新しい古龍種の新モンスター「滅尽龍 ネルギガンテ」。
再生能力が非常に高く、傷ついた部位を再生しながら自身を強化していく特徴があります。

ここではモンハンワールドの看板モンスター:ネルギガンテの「特徴や習性」「狙うべき弱点部位の肉質」「入手できる素材」「攻撃や行動の特徴」「攻略のポイント」などについてまとめていきます。

MHWの看板モンスター:ネルギガンテの特徴と習性

新古龍種:ネルギガンテの画像

前脚、翼、背中、尻尾を覆っているトゲが厄介なモンスター。

ネルギガンテは再生能力が非常に高いモンスターで、部位が傷つくと再生機能が働いてトゲが伸びる特徴があります。
そしてトゲが伸びると、攻撃力が上昇する他、攻撃時にトゲが飛んでくるようになります。

ハンターが攻撃しなくても自身の攻撃で傷つくので、何もしなくてもトゲは伸びていきます。

トゲが伸びた部位がさらに傷つくと、部位が黒くなり肉質が硬くなり強くなる特徴があります。

習性

  • 習性はまだ不明です。

移動エリア

マップ初期位置移動エリア休眠捕食/休息
大蟻塚の荒地

※ 現在は発売前情報をまとめていますので、参考程度にお考え下さい。

ネルギガンテの肉質、狙うべき弱点部位

カッコ内の数値は肉質で、数値が大きいほど攻撃によって与える効果が高いという意味。

※ ネルギガンテは部位が黒くなった部位の肉質が硬くなる特徴があるので、肉質無視のガンランスの砲撃などが有効。

おすすめ属性で狙うべき弱点部位

種別 狙う部位(通常時/黒化時)
   

武器系統別の狙うべき弱点部位

切断:大剣、太刀、片手剣、双剣、スラッシュアックス、チャージアックス、ランス、ガンランス、操虫棍
打撃:ハンマー、狩猟笛
弾:ライトボウガン、ヘビィボウガン、弓

種別 狙う部位(通常時/黒化時)
切断 通常時、白トゲ時の肉質は軟らかいので、黒くない部位を狙う
打撃 通常時、白トゲ時の肉質は軟らかいので、黒くない部位を狙う
通常時、白トゲ時の肉質は軟らかいので、黒くない部位を狙う

剥ぎ取り・落し物

部位 回数 下位 上位 G級
本体 3
尻尾 1
切断系統の攻撃で、尻尾に一定以上のダメージを与えると切断できる。
落し物 3

部位破壊報酬

部位 下位 上位 G級
頭を攻撃してダメージを与える。
背中
背中を攻撃してダメージを与える。

ネルギガンテの攻撃方法

咆哮

ハンター発見時など、頭を一瞬下げる予備動作の直後、咆哮を放つ。
2回連続で咆哮を放つパターンもあり。
咆哮の範囲はかなり広め。

地面頭突き

【予備動作】頭を一瞬下げた後、後ろ脚で立ち上がり翼を広げる。
予備動作の後、そのまま頭を地面へ打ち下ろす攻撃。

頭が大きいので攻撃範囲は広いが、攻撃後に頭を上げて頭を左右へ振る動作が入るので、攻撃のチャンスがある。(後方は隙だらけ)

立ち上がった後に軸合わせはしてこないもよう。

地面殴り

【予備動作】頭を一瞬下げた後、後ろ脚で立ち上がった後、片方の前脚を振り上げる。
予備動作の後、前方へ腕を伸ばしながら地面を殴りつける攻撃。

腕を伸ばす分、頭突きよりも射程が伸びる。

攻撃後に隙がある点は頭突きと同様。

飛びかかり

【予備動作】1歩後ずさりして身をかがめる。
予備動作の後、大きく前方へ飛びかかって拳を打ち下ろして攻撃する。

攻撃判定が、着地する後ろ脚と下腹部辺り⇒殴りつける拳の周囲へ2段階で発生する点に注意。

前脚叩きつけ

【予備動作】片方の前脚を後方へ引きながら振り上げる。
予備動作の後、正面へ片方の前脚を叩きつける。
前脚を引き上げる予備動作で判断可能。

前脚なぎ払い

【予備動作】斜に構えつつ、体を起こしながらひねる。
予備動作の後、前方へ体を伸ばしながら、片方の前脚で刈り取るように正面をなぎ払う攻撃。
前脚叩きつけより予備動作が大きい分攻撃範囲も広い。

尻尾叩きつけ

【予備動作】後ろを振り向きながら尻尾を直立させる。
予備動作の後、後方を尻尾で叩きつける攻撃。

突進

【予備動作】軽く頭を上げた後、角を正面へ向ける。
予備動作の後、前方へ助走をつけて小ジャンプした後、角を地面に突き刺して突進し、終点で角を振り上げる。

攻撃後に頭を上げて頭を左右へ振る動作が入るので、攻撃のチャンスがある。(後方は隙だらけ)

必殺技:全力フライングアタック

前脚、翼、背中、尻尾のトゲが黒く長くなった時のみ使用するネルギガンテの必殺技。
【予備動作】翼を立てて舞い上がった後、上体を後方へ引く。
予備動作の後、ハンターに向かって全力で体当たりしてくる。

凄まじい勢いで突っ込んでくるので、おそらく当たると即死級のダメージでしょう。
この攻撃によってネルギガンテ自身のトゲも破壊されるので、再びトゲがリセットされた状態から仕切り直しとなる。

ネルギガンテの攻略のポイント

トゲが白いうちに部位破壊を狙う

ネルギガンテには、前脚、翼、背中、尻尾のトゲの生えた部位が傷つくと超再生する性質があり、その傷ついた部位のトゲが伸びる特徴があります。

トゲが伸びても、1段階目で部位が白い間は肉質が軟らかいので、部位が白いうちにトゲが伸びた部位を攻撃して部位破壊を狙いましょう。

破壊した部位のトゲは一旦短くなりますが、傷つくことで再びトゲが伸びていきます。

派手な攻撃後の隙を狙う

ネルギガンテは、地面頭突き、地面殴り、突進の後に、必ず頭を振るクセがあります。

頭振り動作中は完全に攻撃のチャンスになるので、確実にダメージを稼いでいきましょう。

ライトボウガンは相性が良い

前述したように派手な攻撃後の隙を狙いやすいガンナーがネルギガンテ戦には相性が良いと言えます。

中でもライトボウガンは、サイドステップからのスライディングで、ネルギガンテの攻撃範囲外へ逃げやすい利点があります。

起爆榴弾を設置しつつ、そこへおびき寄せるように立ち回れば、火力不足も補えます。

【メモ】麻痺の拘束時間は初回10秒。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 早くモンハンがしたい一般人 より:

    四つ足に翼が生えているため、おそらく古龍種ではないかと思います。

  2. 早くモンハンがしたい一般人 より:

    ネルギガンテは己の身を顧みず(再生能力が高いからだと思われる)破壊の限りを尽くすため、「滅尽龍」と呼ばれている。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メニューメニュートップへトップへ