MHW/モンハンワールド テオ・テスカトルの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

モンハンワールド/MHWの古龍種「炎王龍テオ・テスカトル」は粉塵爆破と、緩急をつけた連続攻撃に磨きをかけています。
龍結晶の地エリア9に行った時は、クシャルダオラと縄張り争いをして、お互いに約1000前後のダメージを与え合います。

ここではモンハンワールドでのモンスター:テオ・テスカトルの「特徴や習性」「狙うべき弱点部位の肉質」「入手できる素材」「攻略のポイント」などについてまとめていきます。


MHW テオ・テスカトルの特徴と習性

種族:古龍種炎王龍(えんおうりゅう)
古龍:炎王龍テオ・テスカトルの画像
咆哮風圧振動使用属性
-

罠の効果

落し穴シビレ罠閃光音爆罠肉
××××

状態異常の効果

睡眠麻痺気絶減気爆破
×

操虫棍エキス採取箇所

白エキス赤エキス黄色エキス緑エキス
脚、翼頭、尻尾胴、翼

移動エリア

マップ初期位置移動エリア休眠捕食/休息
大蟻塚の荒地138、13、1414
龍結晶の地87、8、9、10、11、12、1313

テオ・テスカトルの肉質、狙うべき弱点部位

属性が有効な弱点部位

種別 狙う部位
頭(30)、翼(25)、首、前脚、尻尾(20)、腹、背中、後脚(15)
頭(25)、翼(20)、首、前脚、尻尾(15)、腹、背中、後脚(10)
頭、翼(10)、首、前後脚、尻尾(5)
頭、翼(10)、首、前後脚、尻尾(5)

カッコ内の数値は肉質で、数値が大きいほど攻撃によって与える効果が高いという意味。

物理攻撃が有効な弱点部位

種別 狙う部位(通常時/怒り時)
切断 頭(55)、翼(40)、前脚、尻尾(38)、首(33)、腹、背中(20)
打撃 頭(60)、首、前脚(38)、翼(35)、尻尾(33)、後脚(25)、腹、背中(20)
頭(50)、首、前脚(33)、翼(30)、尻尾(28)、腹、背中(20)

切断:大剣、太刀、片手剣、双剣、スラッシュアックス、チャージアックス、ランス、ガンランス、操虫棍
打撃:ハンマー、狩猟笛
弾:ライトボウガン、ヘビィボウガン、弓

剥ぎ取り・落し物で入手できる素材

部位 回数 下位 上位 G級
本体 4
尻尾 1
切断系統の攻撃で、尻尾の耐久値を1回ゼロにすると切断できる。
落し物
怒り状態中に、攻撃して転倒させた時に落とす。

部位破壊報酬で入手できる素材

部位 下位 上位 G級
体力が一定以下の時に、頭に一定のダメージを与えて、耐久値を1回ゼロにすると部位破壊成立となる。
翼に一定のダメージを与えて、耐久値を1回ゼロにすると部位破壊成立となる。

歴戦テオ・テスカトルの調査クエストの報酬で入手できる素材

危険度3歴戦テオ・テスカトルの報酬

上位のクエスト報酬

通常/銅枠銀枠金枠

追い剥ぎで入手できる素材

特殊装具「追い剥ぎの装衣」を着てテオ・テスカトルを攻撃した時に、金色の落し物から入手できる可能性があります。

下位上位G級

痕跡採取で入手できる素材

テオ・テスカトルの痕跡を採取した時にランダムで素材を入手できる可能性があります。

下位上位G級

MHWのテオ・テスカトル攻略のポイント

隠れ身の装衣は、ほぼ効きません

ソロプレイ時は一旦仕切り直す際に『隠れ身の装衣』を使ってしまいがちですが、テオ・テスカトルは隠れ身の装衣を使っても嗅覚でハンターがいる場所を探して攻撃してきます。

なので仕切り直す時間を作りたい時は隠れ身の装衣ではなく『スリンガー閃光弾』を使いましょう。

狙うべき弱点部位は頭、尻尾、翼

MHWのテオ・テスカトルは、従来剣士が狙っていた後ろ脚への攻撃が有効でなくなっており、狙うべき弱点部位は頭、尻尾、翼となっています。

剣士の場合に役立つのが耐熱の装衣で、180秒間 火属性のダメージを軽減してくれ、かつ「火属性やられ」「爆破やられ」を無効化してくれるうえに、エリア7、10、11、12、13の溶岩地形から受けるダメージも無効化してくれます。

※ 耐熱の装衣は、武具屋のおかみさんから受注できる★7の依頼クエスト「火と火に交わる者達」クリア後に入手できます。

怒り状態になると粉塵爆発を使う

怒り状態のテオ・テスカトルは、尻尾振りなどの攻撃に粉塵爆発を伴うようになります。
爆破やられからの一撃は、たいしたことのない攻撃でも大ダメージにつながってしまうので、怒り状態時は通常時より攻撃の手数を抑えて、安全な立ち回りを意識すると事故が減ります。

スーパーノヴァはスリンガー閃光弾で対処

テオ・テスカトルは怒り状態の終わりに空中へ舞い上がってスーパーノヴァを放ちます。
当たってしまった後の確定気絶効果はないものの、かなり高威力な攻撃で剣士の方はスーパーノヴァでキャンプ送りになる方も多々見られます。

今回は空中へ舞い上がってから技の発動までに少し猶予があるので、予備動作を確認したらすぐに納刀して、テオの眼前へ向けてスリンガー閃光弾を放つことをオススメします。

緊急回避のようにタイミングをミスして事故ったりすることがない上に、落下ダウンを取れるので反撃に移ることができます。
マルチプレイ時はより狙いやすいので、常にスリンガー閃光弾を装填しておきましょう。

空中からの突進、滞空前進火炎放射ブレス時にも、スリンガー閃光弾で落下ダウンを狙えます。

MHWのテオ・テスカトル テオが苦手な方にオススメのスキル

爆破やられ耐性で怒り時のダメージを軽減

テオ・テスカトルの攻撃でキャンプ送りになりやすいのは、怒り時の粉塵に触れて爆破やられ状態になってから攻撃に当たって爆発というコンボ。

怒り状態で攻撃力が上がっているうえ、爆発の追加により大ダメージになってしまうところを、爆破やられ耐性のスキルがあれば、軽減できたり無効化できたりします。

爆破やられ耐性を発動させる方法としては、ガードができる武器であれば、バゼルメイルαを付ければ爆破やられ耐性Lv2+ガード性能Lv2が付くので、耐爆の護石Ⅰを使えば爆破やられを無効化できます。

頭をガマルヘルムαにすれば、耐爆の護石Ⅰと合わせて爆破やられを無効化できますが、装飾品が揃っていない時期の頭防具のオススメは体力増強Lv2が発動するレイアヘルムαなので、腰防具:ガマルコイルαと耐爆の護石Ⅰと合わせて爆破やられをLv2にしておくだけでも、爆発による追加ダメージを大きく軽減できます。

スーパーノヴァを回避する納刀術

テオ・テスカトルの攻撃で事故が起こりやすいのが、怒リ状態終了時のスーパーノヴァ。
納刀が遅い武器だと納刀に手間取って事故になる可能性がありますが、納刀術のスキルを付けておけばスムーズに納刀することができ、スリンガー閃光弾を放ちやすくなります。

納刀術のスキルは、速納珠【1】を入れるだけで発動させられますが、装飾品が揃っていない状態で爆破やられ耐性と共存させるとなると、
胴:バゼルメイルα(爆破やられ耐性Lv2)
腰:ガマルコイルα(爆破やられ耐性Lv1)
護石:納刀の護石Ⅱ(納刀術Lv2)・・・爆鱗竜の宝玉があればLv3に強化可能
上記のような感じが、発動させやすいかな!?と思います。

火力系スキルは削られますが、テオ・テスカトルが苦手という人向けに、生存率を上げるスキルを紹介させて頂きました。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 匿名さん より:

    今作のテオは後ろ足じゃなくて翼に弱特が通るような気がします

    • hiroba より:

      弱点部位が変わっているようですね。

  2. 匿名さん より:

    スーパーノヴァは緊急回避よりも閃光のほうがオススメです
    回避のようにタイミング事故ったりすることない上にダウンが取れるので反撃に移ることができます

    • hiroba より:

      ありがとうございます、追記修正しました。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メニューメニュートップへトップへ