モンハンワールド/ツィツィヤックの特徴、弱点部位の肉質、攻略のポイントまとめ

モンハンワールド/MHWのPV3にて公開された閃光を扱う鳥竜種の新モンスター「ツィツィヤック」。

閃光モンスターゲリョスとの違いとしては、このモンスターの方が前脚の鉤爪が長く、翼が見当たらない点。

ここではモンハンワールドでのモンスター:閃光鳥竜種の「特徴や習性」「狙うべき弱点部位の肉質」「入手できる素材」「攻撃や行動の特徴」「攻略のポイント」などについてまとめていきます。

ツィツィヤックの特徴と習性

ツィツィヤックの画像

ドラゴンのような顔をしている中型鳥竜種のツィツィヤック。

耳?のような器官を大きく開いて発光させて閃光を放ち、めまい状態にした獲物を攻撃していスタイルが得意。

移動エリア

マップ初期位置移動エリア休眠捕食/休息
陸珊瑚の台地11、3

※ 現在は発売前情報をまとめていますので、参考程度にお考え下さい。

ツィツィヤックの肉質、狙うべき弱点部位

カッコ内の数値は肉質で、数値が大きいほど攻撃によって与える効果が高いという意味。

おすすめ属性で狙うべき弱点部位

種別 狙う部位
準備中

武器系統別の狙うべき弱点部位

切断:大剣、太刀、片手剣、双剣、スラッシュアックス、チャージアックス、ランス、ガンランス、操虫棍
打撃:ハンマー、狩猟笛
弾:ライトボウガン、ヘビィボウガン、弓

種別 狙う部位
切断
打撃

剥ぎ取り・落し物

部位 回数 下位 上位 G級
本体 3
落し物
閃光で草食の翼竜を落下させて捕食する時に落し物をする。

部位破壊報酬

部位 下位 上位 G級
頭を攻撃して一定のダメージを与える。

ツィツィヤックの攻撃方法

閃光

【予備動作】耳のような器官を開いて発光する。
予備動作の後に、前方中距離まで届く閃光を放つ。(閃光による拘束時間は約5秒)
予備動作から発光まで時間に余裕があるうえ、横の攻撃範囲は狭いので、左右は回り込むように立ち回れば回避しやすい。

また空中にいるラフィノスの群れが全て閃光やられになることから、空中にいても高い場所まで閃光が届くもよう。

跳びかかり(小)

ハンターの方へ大きくジャンプして跳びかかる攻撃。
着地後はすぐ方向転換する。

跳びかかり(大)

【予備動作】上体を起こして鳴き声を上げる。
予備動作の後、助走をつけてジャンプして跳びかかりキックする攻撃。

後ろ蹴り

【予備動作】後ろ脚を大きく前方へ振り上げる。
予備動作の後、背面を蹴り上げる攻撃。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 早くモンハンがしたい一般人 より:

    別名:眩鳥

  2. 早くモンハンがしたい一般人 より:

    pv3でツィツィヤックに飛び掛かっていた小型モンスターの名前は「シャムオス」。暗闇を好みツィツィヤックの閃光が苦手でツィツィヤックとは敵対関係にある。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メニューメニュートップへトップへ